Real estate

人気のタワー型

いったいいくらで購入できるのか

タワーマンションは超高層マンションのことで、はっきりとした定義はないもののおおよそ20階建て以上のマンションのことを指すようです。気になるのはその金額ですよね。タワーマンションはおおむね都心部に建設されることが多いようです。つまり立地がいいのでその分販売価格も高くなります。ただこれはどのマンションにも言えることで、タワーマンションだから価格が高いとかそういったことはありません。タワーマンションでも低層階では販売価格は安く設定されていますし、高層階に関してはやはり高い金額で販売されています。同じマンションでも倍近い価格の差が生じることもあるようです。

タワーマンションの特徴とは

タワーマンションの特徴はなんといっても高層だからできる部分にあります。高層ですので景色や夜景を売りにしているマンションが多いです。最上階をラウンジなどにして、住民が自由に出入りできるスペースにしたりマンションの売りを多いに活用しています。また高層である分戸数が多く、住民も多くいるのが特徴です。住民が多いですので、マンションの共用施設も充実していることがあります。住民専用の保育園が併設されていたり、ジムがあったりと多くの方が生活されているからこその魅力があります。またマンションの1階部分にクリニックやコンビニが出店しているマンションもあるので、住民にとっては非常に便利ですよね。このように魅力満載なのです。